LDT株式会社

会社概要

COMPANY

トップメッセージ

トップメッセージ

LDT(ライフデザインテクノロジーズ)は、「超高齢社会に適した情報インフラとサービスインフラを構築することにより、人々のQOLの向上に寄与し、社会に貢献し続ける」を、ミッションに掲げています。

名称の由来は「テクノロジーを活用して収集したデータをもとにQOL向上のための様々なサービスの選択肢を提供し、人生を積極的にデザインしていただく。」というメッセージから考えたLife Design Technologiesの頭文字の3文字から来ています。

日本は世界に先駆け超高齢社会に突入し、超高齢化社会、少子化、人口減少、就労人口減少という大きな課題を抱えています。人口動態の変化から経済、政治、価値観も大きく変容し、これまでにない大きな社会課題が顕在化しつつあります。

私たちはこの社会課題解決のために、超高齢社会に求められるAgeTech(エイジテック)領域をヘルスケア・医療・介護・シニアライフ・相続と捉え、価値提供先であるエンドユーザー・事業者をつなぐプラットフォームとしての情報インフラの提供を行っています。情報のみでなく、当社が主体性を持ってエンドユーザーへ提供するサービスクオリティ、サービス事業者のサービス提供の永続性を高めるため、M&Aを活用したサービスインフラを構築することで、超高齢社会の社会課題を解決し、人々のQOLの向上を実現していきます。

当社は2019年の設立以来、シニアライフ・相続領域で情報インフラ・サービスインフラ事業を提供してきました。

今後はAgeTech(エイジテック)領域の中でも事業領域を医療・介護・ヘルスケア領域にも拡張することによって、超高齢社会でなくてはならない情報インフラ、サービスインフラを構築し、人々のQOLの向上を実現するためのヘルスケア・医療・介護・シニアライフ・相続領域を横断する新しい金融経済圏の確立を目指して事業を展開していきます。

また高齢化による課題は日本のみでなく全世界的な課題でもあります。今後、日本と同様に長期的に世界各国が向き合っていかなければならない状況となっています。超高齢化の先進国である日本での情報インフラ、サービスインフラの構築により培ったノウハウをもとにクロスボーダーで社会課題の解決を行っていく企業になることが当社のミッションです。

LDT株式会社 代表取締役CEO

白石和也

会社概要

会社名 LDT株式会社
資本金 11,930万円(資本準備金含む)
代表者 白石和也
設立 2019年9月20日
住所 本社
〒105-0004
東京都港区新橋5丁目23-10片山ビル6階

福岡支店
〒810-0022
福岡県福岡市中央区薬院1丁目14-5MG薬院ビル2階

佐賀支店
〒843-0301
温泉ワーケーションLabo嬉野
佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙738和多屋別荘内
事業内容 AgeTech(エイジテック)プラットフォーム事業
AgeTech(エイジテック)関連のソフトウェア開発・提供事業
AgeTech(エイジテック)関連のコンサルティング事業
取引銀行 みずほ銀行
三井住友銀行
従業員数 35人※連結
(2023年3月時点)

経営陣

  • 白石 和也

    代表取締役CEO白石 和也

    2014年リベラルマーケティング(株)を創業し、終活関連サービスのオンライン集客で日本最大級のサイトを運営。2020年東証プライム上場の(株)Link-Uに売却。
    2016年ドローンパイロット派遣会社を立ち上げ、大手インフラ企業のDXソリューションの開発などに従事、2018年同社を(株)A.L.I.Technologies(NASDAQ上場のAERWINS Technologies Incグループ)へ売却。
    2019年9月当社を創業。

  • 室橋 智雄

    取締役CFO室橋 智雄

    公認会計士。
    有限責任監査法人トーマツ。
    (株)リージャー 取締役副社長COO兼CFO。
    (株)ゴーストレストラン研究所 取締役。
    2022年9月当社入社。

  • 渡部 恒郎

    社外取締役渡部 恒郎

    (株)アーク取締役。
    (株)Geolonia 社外取締役。
    京都大学経済学部卒業。
    (株)日本M&Aセンターホールディングス取締役・(株)バトンズ取締役などを歴任。
    日本M&Aセンターにおいて2010年・2011年・2013年全社の最優秀営業社員となる。
    業種特化型のM&Aチームを成功させるなどし、日経ヴェリタスにて「中堅・中小M&Aの第一人者」として紹介されている。
    2023年3月に日本M&Aセンター取締役を退任。
    現在は、プロ経営者として、時価総額100億〜500億→1000億以上に引き上げるコンサルティングを複数社にハンズオンで行っている。

  • 中村 洋次

    監査役中村 洋次

    税理士。
    (株)FFGベンチャービジネスパートナーズ。
    2005年大学院卒後、会計事務所での経験を積み、みずほ証券(株)でIPO審査に8年従事。
    数十社の主幹事・シ団審査を手がけ、公開適格性や企業の健全性、CG・ガバナンスなどの評価に携わる。
    その後、IPOコンサルティング部門(公開引受部)で5年、組織体制・内部管理体制の構築やリスクコンプライアンス体制、CG体制の構築支援に努める。
    みずほキャピタル(株)での5年の出向中、Vtuber企業への投資で100倍のリターンを達成。